繁盛した観光地のレストラン

”あの店、今ではすっかり繁盛して ・・・”

 

先日、そんな話を聞いて驚きました。
以前、観光地にあるレストランの相談をのったことがありました。その時に私は色々提案したのでした。でも、実際に行動する人は少ないのですよね。

店舗の場合は、お客さんを迎える準備が重要になります。主にお客さんの下の2つの疑問に答えることをします。

  • 営業しているのだろうか?
  • 何を売っているのだろうか?

そのお店の道は、車が結構なスピードを出して通ります。運転席から店舗は見えるのですが、営業しているとは思えなかったです。ノボリがあったり、”営業中”の看板が無かったのです。その時、なぜ設置しないのか私は質問したら、仕舞ったり出したりするのが面倒だから置いていないという店主の回答でした。

下の様なノボリが道にそっていくつか出ていれば、ドライバーにレストランがあって営業中だと伝える事ができます。また、カレーライスといったメニューが記載されているとだいたいの値段も想定されるので、お客さんからすると敷居が低く感じられます。

ノボリって凄いですよね。



その店の前には車をとめられる広い土地があるのですが、何も記載がないのでお客さんからすると駐車し難いです。白線をひいたり、駐車場の表示を掲げたりすれば、車で入っていきやすいとも提案しました。

お店側からするとこれらのお客さんの気持ちがなかなか分からないでいる場合が多いです。一方、ライバルであるチェーン展開しているレストランはお客さんを迎える準備は周到に出来ています。お店側はチェーン展開しているレストランとは違うという事を示したいと内心思っています。

しかし、お客さんを迎える準備はどの店舗でも必要です。ライバル店と差別化したいという気持ちが、店舗の必須条件を放棄する事にならない様にしたいです。

 

その店は大きな”営業中”の表示板を作ったとの事です。
その時、私が提案した事柄は自分で出来る事柄ばかりでした。費用をかけずとも出来る事柄は沢山あります。その内、いくつか実際に実行してもらえて良かったです。

 

 

 








カテゴリー: 店舗集客企画   パーマリンク