プレスリリースとは 効果的なマスコミ利用方法

新聞に記事として掲載されたい。

テレビで紹介されたい。

所謂、マスコミに載ると、一夜にして商売繁盛すると願う商店経営者も少なくない様ですが、マスコミの効果は薄れてきている様です。

それは私たちが新聞、雑誌、テレビ以外から情報を多く得られる様になったからです。
それでもプレスリリースを書いて、マスコミに取り上げてもらいたいと願う人は多いのは、商売をしていて手ごたえを感じるからでしょう。

テレビに出ても、お客さんが増えたのあ4も1カ月も無かった。
という話を聞きましたが、マスコミの効果はその位に思っておいた方が無難かもしれません。

それでも、1カ月というのは金額で考えると侮れないでしょう。

 

TV取材

プレスリリースを自分で書くというのは結構大変です。
まずは、地方紙を狙ってプレスリリースを書くと良いでしょう。
プレスリリースの書き方の概略を下に記します。

  • ビジネス文章として簡潔に書く。
  • イベントに関するプレスリリースの場合は、3カ月前までに出す。
  • 文章の長さは、A4 1枚が原則
  • 市町村の広報課に出す。
  • 各広報課で書式があるので、事前に問合せてみると良いでしょう。
  • 取材を受ける場合は、当日、取材を取り仕切る担当者を決める必要がある。
  • 取材を受けなかった場合でも写真を同封してプリスリリースを送るのも有効
  • ゴールデンウィーク前等 記事が少ない頃が狙い目の時期

プレスリリースを書いても、記事にはなかなかなり難いです。

何度もプレスリリースを書いて、苦労してやっと記事になったとしても、一躍繁盛店になるとはゆめゆめ期待しない方が良いです。

また、全国紙や東京キーTV局の番組に出る様になるのは並大抵のことでは難しいです。
そして取り上げられても一過性のものにしかならないという事です。

プレスリリースを書く

 
あまり大きな期待をすると続きませんので、地道に続けるつもりで行うと良いと思います。

 

 








カテゴリー: 共通販促企画   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す