チラシのレイアウト作成方法

チラシは攻めの広告媒体とも言われています。
だから、チラシをまくエリアを絞っても回数は多くまきたい所です。

それで販促企画担当者が悩むのがチラシのレイアウトです。
ワンパターンのレイアウトではマンネリ化してしまう一方、同じ雰囲気のレイアウトを続けることにより、広告の浸透度合いも増します。

基本のレイアウトは守りつつも、変化をつけたい所です。

チラシのレイアウト作成方法を下に記し、変化をつける対策を紹介します。









 

<< チラシのレイアウト作成方法 >>

1.チラシのレイアウトの3つの基本パターン

用紙を縦に使うか、横に使うかの違いはありますが、レイアウトの基本パターンは3つです。

これらの3つのパターンをそのまま使う事もありますが、多くは、3つを織り交ぜてチラシのレイアウトを作っていく場合が多いでしょう。

A 縁取りパターン

下の様に大きなスペースと左右上下の一部を使ったレイアウトです。

縁取りレイアウトパターン

このパターンは大きなスペースには写真やイメージをのせられ、感覚に訴えるチラシが作れるのが特徴です。

B 横割りパターン

横長に分割したレイアウトです。
最も、情報量が多く記載できるので、このパターンが良く使われます。

横割りレイアウトパターン

C 縦割りパターン

縦に分割する事により、比較がし易くなります。訴求力が強くなりますね。

しかし、眼線が定まりにくくなる場合もあるので注意が必要です。

縦割りレイアウトパターン

2.目線の仕掛け方

チラシは本と違って右から左に読むものではありません。
どこからどこへ読んだら良いのか分かりにくいチラシは、読み難い印象を与えます。

そこで眼線を移動させ易い様に工夫が必要です。

良く言われるのが、下の様にZやVの字になる様に目線をつける方法です。

目線V字レイアウトパターン

枠を太く囲っても良いし、色の変化やアイキャッチ画像を使って、目の移動を促す様にすると良いですね。

3.目新しさの加え方 例

例えば、下の様なレイアウトから変化をつけてみます。

レイアウトパターン例

丸く切った紙を下のレイアウトにのせてみます。
必然、丸枠に視線がいきます。元のレイアウトとかなり違った印象を与える事が可能です。

レイアウト変化例

 

 

カテゴリー: 共通販促企画   タグ: ,   この投稿のパーマリンク